遺産分割協議書の作成後に必要な手続き

遺産分割協議書の作成後に必要な手続き

遺産分割協議が終わり、遺産分割協議書を作成したら、その内容に従い相続した財産の名義変更の手続きを行います。名義変更の手続きの大半で遺産分割協議書の提出が求められますので、遺産分割協議書への押印前に提出部数(何通作成しなければならないか)などを確認し、二度手間のないようにしましょう。

ちなみに、名義変更が必要な主な財産として次のようなものが挙げられます。

不動産

不動産の所在地を管轄する法務局に、登記申請書とその必要添付書類を提出します。状況により異なりますが、遺産分割協議書・遺言書や戸籍謄本、住民票、印鑑証明書、固定資産評価証明書などが添付書類となります。

銀行預金

各金融機関に、名義変更依頼書など(各金融機関によって提出書類は異なります)の指定書類を提出します。遺産分割協議書や遺言書のコピー、被相続人の預金通帳や届出印、相続人の戸籍謄本や印鑑証明書などが求められることがあります。

株式

「上場企業の株式」「非上場企業の株式」、または「被相続人が経営していた会社の株式」など、その種類によって手続きは異なります。例えば、上場企業の株式を相続した場合には、証券会社に相続手続きの依頼書や遺産分割協議書の正本・遺言書の謄本、戸籍謄本、印鑑証明書などを提出する必要があります。

自動車

被相続人の住所地を管轄する陸運局に、申請書とその必要添付書類を提出します。遺産分割協議書や遺言書、被相続人の除籍謄本や戸籍謄本、印鑑証明書、自動車検査証(車検証)などが必要となります。

上記の他にも、借地権・借家権、生命保険契約、ゴルフ会員権などが名義変更手続きが必要なものとして挙げられます。


公開日:
最終更新日:2014/03/27

書類と男性
換価分割の際の遺産分割協議書について

遺産分割協議書を作成するに当たっては、どのような形で遺産を分割するかを

砂時計
遺産分割協議書の期限について

相続開始を知った時から相続人は、様々な手続きの為に書類の提出をする必要

マンション
相続不動産がある場合の遺産分割協議書

遺産分割協議書は基本的には作成義務葉ありませんが、相続財産のなかに不動

墓
数次相続の場合の遺産分割協議書

被相続人について、遺産分割協議書を作成する手続きを行う前に、相続人が死

自動車+犬
自動車を相続する場合の遺産分割協議書

自動車を所有する人が亡くなった場合、その車を相続する人は遺産分割協議書

→もっと見る

PAGE TOP ↑