遺産分割の流れ

1.まずはじめに・・・死亡届を提出

故人の方がお亡くなりになられたことを知られた日から7日以内に、死亡届を提出します。

2.死亡届を提出したら・・・遺言書の有無を確認

死亡届を提出後、故人が遺言書を残していないか確認します。遺言書を発見したら、中身は開けずにすぐに家庭裁判所に提出してください。(ただし、公正証書遺言の場合は家庭裁判所への提出は不要です。)

3.遺言書探しと同時に・・・法定相続人を確定

遺言書があるかどうかを探すと同時に、被相続人の戸籍を取り寄せ、法定相続人を明確にします。

4.法定相続人が確定したら・・・遺産(相続財産)の把握と評価

法定相続人が確定したら、遺産の把握と評価を行います。不動産や預貯金はもちろんのこと、生命保険や株式も把握し、さらには負債(=借金)があるかどうかも確認する必要があります。

5.相続人や遺産の確定後・・・単純承認・限定承認・相続放棄の選択

遺産を把握したら、それぞれの相続人ごとに相続を「単純承認(=資産と負債の両方ともを全て相続)」するか、または「限定承認(=資産の範囲内で負債も引き継ぐ)」「相続放棄(=資産も負債も一切引き継がない)」するか選択します。

6.承認者が2人以上いる場合・・・遺産分割協議

遺産を相続することを選択した相続人全員で、その遺産をどのように分けるかを決めます(「遺産分割協議」を行う。)。遺産分割協議は、相続人が欠けた状況で行うと無効になるので注意しましょう。(遺言書がある場合は、これに記載されている内容に従うのが原則となっております。)

7.遺産分割協議が終わったら・・・遺産分割協議書の作成

遺産分割協議によって遺産の分け方が決まったら、その内容を書面に残しておきます。遺産分割協議書は後々、不動産登記や相続税に関する手続きが必要な場合に必要となる場合があります。お急ぎの方はぜひ弊所の遺産分割協議書作成サービスをご利用ください。

8.遺産分割協議書が完成したら・・・遺産の名義変更

誰がどの遺産を引き継ぐかが決まったら、不動産や銀行預金、株式など名義変更の必要がある財産についてその手続きを行います。法律上の期限はありませんが、財産を引き継いだことの証明となるものですから、なるべく早く行う方が良いでしょう。

9.必要がある場合は・・・相続税の申告

受け継いだ遺産の額が相続税の基礎控除額よりも高い場合には、相続税の申告と納付を行わなければなりません。相続税の申告期限は「相続の開始があったことを知った日の翌日から10ヶ月以内」となっているので注意が必要です。


公開日:

書類と男性
換価分割の際の遺産分割協議書について

遺産分割協議書を作成するに当たっては、どのような形で遺産を分割するかを

砂時計
遺産分割協議書の期限について

相続開始を知った時から相続人は、様々な手続きの為に書類の提出をする必要

マンション
相続不動産がある場合の遺産分割協議書

遺産分割協議書は基本的には作成義務葉ありませんが、相続財産のなかに不動

墓
数次相続の場合の遺産分割協議書

被相続人について、遺産分割協議書を作成する手続きを行う前に、相続人が死

自動車+犬
自動車を相続する場合の遺産分割協議書

自動車を所有する人が亡くなった場合、その車を相続する人は遺産分割協議書

→もっと見る

PAGE TOP ↑